フリーランスのエンジニア道

フリーランスエンジニアの不安を解消するブログ

フリーランスITエンジニアの独立から3年目までの収支公開

 

フリーランスITエンジニアとして3年間の年収推移

早いものでフリーランスになってから3年が過ぎました。フリーになる前はどんな年収が落ち込むのかとか社会保障がどうなるかとか色々不安でしたが、実際は大幅に手取り額が増えましたので皆さんのフリーランスになる背中を後押しできれば幸いです。

 

f:id:kitahashi-ryoichi:20180505111347p:plain

1年目:自分のフリーランスエンジニアのスキルと年収を公開してみた

2年目:フリーランスエンジニア2年目の収益と税金について本当の所を大公開

3年目:フリーランスエンジニア3年目の確定申告大公開

 

2015年が正社員からフリーランスになった年で、2016年からフリーランスだけの収入になります。数値では+200万円ほど上がっていますし、労働時間も月300時間弱だったのが160時間くらいなのでクオリティオブライフは爆上げです。

 

年900万円くらいの月手取り

独身で年収900万・経費200万・所得700万のケース

年900万=税込月75万円とごく一般的なエンジニア単価です。

ここから以下の項目が引かれて最終的な手取りになります。

  1. 所得税(64万/年)
  2. 住民税(53万/年)
  3. 国民健康保険税(61万/年)
  4. 国民年金(16万/年)

※とりあえず経費200万で所得700万設定、独身ということで計算してみます。

※消費税は売上1000万超えて2年後以降なので今回は計算対象外 

f:id:kitahashi-ryoichi:20180510173612p:plain

独身だと控除が少ないので税負担が大きいですが、可処分所得が58.8万円残ります。

経費は200万で設定しているので200万/12=16万/月を差し引いて42.8万円がサラリーマン時代の手取りというようなイメージとりなります。

 

だいたい5000万〜6000万を上限に住宅ローンが組めます。

こういう立地の良い駅近1LDKの新築マンションを購入して、住宅ローン減税年20万円でさらに可処分所得を増やすのもありです。

【公式】Brillia秋葉原(ブリリア秋葉原)|JR「秋葉原」駅徒歩6分|東京メトロ銀座線「末広町」駅徒歩3分|東京建物の新築分譲マンション

フリーランスエンジニアは家を買って所得税を圧縮することができる - フリーランスのエンジニア道

 

うまく経費を使って税を圧縮することがポイント

サラリーマンと違うのは自宅で仕事している場合は家賃按分という仕組みがあるので、10万の家賃で自宅作業が20%ほど仕事利用している場合は2万円を経費にすることができます。最新のMacBookProを買っても経費だし、もちろん技術書なんかも経費になります。

 

所得が減れば、所得税・住民税・健康保険税の3つが比例して下がる仕組みになっているので、個人事業主は所得を減らして(経費を使って)税金を減らすことで月数万円単位のキャッシュフローを生み出すことができます。

 

どうせ払う税金だからふるさと納税でお得に納税する

所得税と住民税で100万オーバーも支払うことになると思うので、ふるさと納税して返礼品を少しでも回収するのがおすすめです。現在、返礼品は3割ルールらしく、10万〜15万くらいはふるさと納税の2000円範囲で納税できるので、3万〜4万5千円のリターンになります。

フリーランスITエンジニアはふるさと納税しまらないと損だよ! - フリーランスのエンジニア道

 

独立から3年目までの案件獲得方法

はじめはよくわからないのでエージェント

はじめは例に違うことなくレバテックとギークスといった大手エージェントに相談しにいって、どちらにも案件紹介してもらいましたがたまたま相性が合ったレバテック経由で案件にアサインしました。

 

商談してた時の記事

フリーランスエンジニアとして10社商談をしてみた結果 - フリーランスのエンジニア道

 

知人経由での案件獲得が増加

Facebookとかでフリーになりました!って周知していると多方面から仕事のオファーが来たので、身が空いている時にいくつか仕事を受けました。月20万のスタートアップエンジニア的なやつを週末とかスキマ時間にやったり、新規事業立ち上げのPMを掛け持ちでさせてもらったり、世の中にはエンジニア不足と言われてますがひしひしと感じました。

 

yentaとかwantedlyで直案件獲得

ビジネスマッチングサービスのyentaでランチミーティングすると、どこもエンジニア不足なのでフリーランスでもいいから仕事手伝ってくれない?というお誘いがあります。フリーランスITエンジニアで人と話すのが億劫でなければyentaは一つの選択肢です。

 

あとはwantedlyでココロオドル企業にゆるく営業メッセージ送ったり、スカウトもバシバシくるので気になった企業と情報交換しながらやってると直で仕事を受けることが多くなりました。当然直請けなので仲介マージンもなく高単価の案件になります。

 

まとめ

単価75万(年900万)の月手取りは58万くらいで、たぶん派遣エンジニアや正社員だと生活レベル的にはありえない好待遇レベルになります。普通だったら難しい独立もITエンジニアに関していうと人手不足というのがあり、エージェントやソーシャルでの案件獲得が比較的容易という時期的なメリットがあるので独立を考えている人はさっさと独立しないと損ではないでしょうか?

 

僕も最初はエージェントを使いましたが、はじめに案件獲得手段がなければ複数エージェントにとりあえず登録して売上を立ててみるという所から初めましょう!

 

利用したこともあるオススメの大手エージェントはレバテックギークスの2社です。

他のエージェントはこちらの記事をどうぞ

フリーランスエンジニア案件紹介サービスの手数料比較 - フリーランスのエンジニア道