フリーランスのエンジニア道

フリーランスエンジニアの不安を解消するブログ

SIerを4年で辞めてフリーランスエンジニアになった理由

ワークスアプリケーションズとSIer合わせて4年間SEやってました。

 

平均して月300時間〜400時間のハードワークをこなし、色んなクライアントを見ることができて勉強になったと思います。なにより、ただの経営学部卒がITエンジニアになるなんて思ってもいませんでした。

 

そんな僕がなぜSEを辞めてフリーランスエンジニアになったのか

 

 

SIerは枯れたテクノロジーを好むのが嫌になった

B2Bでコスパが大事な業界なので、枯れた技術で解決できることは枯れた技術をなるべく使いまわす(コピペする)ことで高い生産性を実現できます。そんな環境にいるとやっぱり飽きてくるので、新しい技術を取り込みたい気になるのですが、周囲の説得からテストも膨大だしすごいコストだからよっぽどじゃない限りやめようってなりました。

 

エンジニアの仕事は問題解決することだと思ってますが、解決する手段について自然に知見が広がっていかない仕組みに辛みが出てきたので、まずはSIからWebへ飛び出そうと考えました。

 

Webで正社員は給与が安い

Webの歴史は浅く、収益基盤も脆弱なためWebの正社員ポジシションの給与はSIに比べると安くなりがちで辛い。色々やれそうなWebに飛び出してみたものの給与下がるのはちょっとねぇー、とそんな時に渡りに船だったのがフリーランスエンジニアです。

 

フリーランスエンジニアはWebで収入が多い

フリーランスエンジニアは会社に所属しないってだけで年収800万以上の収入が軽く目指せて、移り変わりの激しいWeb業界で重要が多いというメリットがあります。たしかに会社ほどの手厚い保証はないのですが、フリーランスエンジニア3年やっていて不自由に感じたことは特に無いです。

 

若ければ保証はいらない

CMで案外高い20代リスクとか言ってますが、働けなくなるような怪我や病気になるリスクよりも会社にスキルや成長がロックインされるリスクの方が高くて被害は甚大です。若い時は保証よりも成長の方が大事

 

就業不能リスクは35歳までだと0.3%以下なので極めて低いので、何のリスクを会社にヘッジしてもらっているかは少し考え直したほうが良いかもしれません。

職業別加入率1位「医師」、2位「IT系」の保険が“暗示”すること | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

 

フリーランスなら生活費を稼ぎながらプロダクト開発ができる

客先常駐を3日や4日にしても月50万円ほどの売上になり、生活していく分には十分な収入になります。安定した生活+余った時間をプロダクト開発に投入することで起業するというような働き方が可能ですし、時間を色んなことに使えるようになることが最大のメリットですね!

 

フリーランスエンジニア3年目になりますが、いまではモダンなフロントエンド開発ができるフルスタックエンジニアになり、即戦力として色んな現場で活躍できるようになりました。年収1000万以上で好きにプロダクト開発が出来る環境なので、あの時思い切ってフリーランスとして独立することを選んでよかったと思います。

 

フリーランスエンジニアはこんな人におすすめ

会社員エンジニアと比較したフリーランスエンジニアのメリット・デメリット

 

フリーランスエンジニアになろうと思ったら

現役フリーランスエンジニアが教える!システムエンジニアの独立方法まとめ

 

副業エンジニアから始めようって人は

会社員SEでも週末副業で10万円以上稼げる方法とは?