フリーランスのエンジニア道

フリーランスエンジニアの不安を解消するブログ

会社員SEでも週末副業で10万円以上稼げる方法とは?

ここ最近はエンジニア需要が大きくて、採用が追いつかず困っている企業がたくさんあります。そんな中で正社員をしながら週末や平日のスキマ時間を使って週10時間の稼働で10万円の報酬がもらえるサービスがローンチされました。

 

有名企業のエンジニアは専門性が高いことが多く、スタートアップでは週5分の給与は払えないけど副業くらいの感じで入ってもらえるとレバレッジが効いてペイするのでうまくマッチングしているみたいです。副業をするエンジニアとしてもお金をもらいながら新しい技術やサービス作りに携われるのでWin-Winの関係ではないでしょうか?

 

 

f:id:kitahashi-ryoichi:20170723121032j:plain

週10時間の稼働で月10万円のシューマツワーカーとは?

たとえば、TastyTableというスタートアップが時給2,500円〜月40時間稼働で募集しています。最近7000万円ほど資金調達に成功し、これからエンジニアリソースを投入してプロダクト開発を進めていくフェーズです。ただ、そのスピードでエンジニアを採用するのはかなり難しいといえます・・・。そんなホイホイエンジニア採用できれば苦労しないし、優秀なエンジニアはだいたい大手に取られてしまっているし、ポッと出のスタートアップに転職してくれるような変な人もなかなかいません。

 

≪Ruby on Rails≫自宅で本格レストランの味が楽しめる!食材の定期宅配サービスのRubyエンジニア募集! | shuuumatu-worker

 

そこで目を付けたのが、大手に取られてるエンジニアのスキマ時間をマッチングさせよう!というのがシューマツワーカーなどのエンジニア副業系サービスです。

shuuumatu-worker | シューマツワーカー

 

エンジニア副業の時給相場は?

だいたい2,500円〜4,500円なのでそれほど高い時給ではありませんが、平日の夜とか土曜日だけとかスキマ時間に働けてスキルアップにもなるのがメリットです。

 

8時間労働・営業日22日で計算すると以下のようになります

時給2500円=月収44万

時給3000円=月収52万8千

時給3500円=月収61万6千

時給4000円=月収70万4千

時給4500円=月収79万2千

 

正社員の感覚だと時給3000円〜3500円ほどで、フリーランスエンジニアの場合だと時給4500円くらいが相場ですね。そこから考えるとフリーランスエンジニアよりかは少し時給が低めの設定になっており、受け入れ企業としてもお願いしやすい値ごろ感があります。

 

ほかのエンジニアができる週末副業方法

週2リモートで副業ワーク

シューマツワーカーとよく似ているサービスで、副業とフリーランスエンジニアの両方の案件を取り扱っています。リモートで出来る案件が多いのが最大のポイント。

 

プログラミングを教える先生

時給1200円〜2000円ほどで時給はちょっと低め

 

クラウドソーシングでアプリ開発

iOS、Androidアプリ開発は単価が高く受託開発向けなので大きく稼ぐことも可能です。ちょっと週末副業というよりガチ感があるので副業には辛いかもしれません。

 

 

報酬はないけれど成長企業でスキルアップができるサービス

お金はいらん!っていう高尚な人や非エンジニアにはおすすめです。

 

エンジニアの副業は確定申告しないといけない?

基本的に副業をやっていれば確定申告しないといけません。月10万円ほどの収入があれば年間で120万円になるので税金も馬鹿になりませんよね?

 

どうせ確定申告しないといけないのであれば、個人事業主として開業届も出し、青色申告の65万円控除を受けるのが最も節税効果が高くて手元に残るお金が多くなると思います。

 

え?青色申告とか帳簿の記帳が面倒くさいって?

 

確定申告はfreeeの年9800円のスタータープランで十分!副業用の銀行口座とクレジットカードを連携しておけば自動で青色申告用の帳簿を作ってくれて、かんたんに確定申告の書類が作れます。友人の会社員エンジニアにこのパターンは超絶おすすめしてます。

 

週末だけじゃなくて本気で稼ぐなら?

ITエンジニアとして本気で稼ごうと思うならフリーランスエンジニアという選択肢もありですね。フリーランスエンジニア2年目のリアルな収入について公開していますので、参考になればと幸いです。

フリーランスエンジニア2年目の収益と税金について本当の所を大公開