読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスのエンジニア道

フリーランスエンジニアの不安を解消するブログ

フリーランスエンジニアになると多方面から仕事のお声がかかります

フリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアとして一ヶ月たって友人・知人への認知がされ始めると、色んなところから声がかかるようになりました。普通の案件紹介から、相談レベルだったり、転職などの誘いや、スタートアップでアプリ作ってという話などもりもりです。世の中まだまだエンジニア不足のようで、デザイナーもコーダーもプログラマも足りてないらしいです。どうも、ありがとうございます。 

 

引く手あまた、どれにする?

案件を選ぶ時は自分のキャリアプランを第1に考える

とにかく選択肢がいっぱいあります。僕自身がなんでもやる系のフルスタックを目指している影響もありますが、それでも選択肢は他の職業に比べるとかなり多い方だと思います。ただ、安直に高単価の案件にはいると成長に繋がらなかったりするので選択がかなり重要だと思ってます。高単価は経験を買われた契約なので、必然的に経験で仕事をすることになるためです。やったことないことでもなんとか形にすることがスキルとして買われて高単価な場合なんかは別ですが、そんな案件って人づてにしかこないですよね。

 

高単価は人づてにあり!

経験上単価100万以上の仕事を持ってきてくれるのは、エージェントではなく自分のことをよく知っている人からの紹介です。とくに燃え上がってたり、めちゃくちゃ儲かってるのに人手が足りなくてヘルプみたいな感じの案件はすごく高単価で契約させていただいて助かります。つまり、高単価は人づてにあり!
 

SIerからWEB業界に転身

Webメディアのフルスタックエンジニアに

今はメディアのサーバーとフロント、インフラをやってます。WEBの特徴はスピード感があるのと、事業と一体になってることが多いので優先順位が超大事で、テスターとかいないからエンジニアの総合力が問われます。広く浅い知識カバレッジとエンジニアチーム内での技術的スパイクを重複させることなく高めていくニーズがすごいあります。SIでは高可用性は当然求められますが、Webの難易度はもっと難しいです。無停止で一日何回もデプロイとか業務系システムではありえないですし。局所的高負荷への対応もマストなので、インフラも必然的に身につきます。

 

SIの時は井の中の蛙大海を知らず

スーツを着てお客様の業務を効率化するという仕事も難易度が高くやりがいがある仕事でしたが、エンジニアとしてポータブルスキルが身についたかというとそれほどでもありません。たぶん井の中の蛙になっていて、テクノロジーを軽視したり、ググる側に甘んじていました。だって数百万データなんてエクサデータでだいたいなんとかなります。ところがどっこい月1万のしょぼいMySQLで1000万PV普通にさばくのできないし!mongoにキャッシュしたり、やっすいリバースプロキシで冗長化したり工夫しないとコストが割に合いません。どっちもやってみるべきと思いました。

 

声がかかったらどうするか

やったことないことは色々やってみることにしました。逆に経験を買ってくれる案件はお断りしています。人それぞれだと思うので、こんなに反応があるのはびっくりでした!