フリーランスのエンジニア道

フリーランスエンジニアの不安を解消するブログ

SIerを4年で辞めてフリーランスエンジニアになった理由

ワークスアプリケーションズとSIer合わせて4年間SEやってました。

 

平均して月300時間〜400時間のハードワークをこなし、色んなクライアントを見ることができて勉強になったと思います。なにより、ただの経営学部卒がITエンジニアになるなんて思ってもいませんでした。

 

そんな僕がなぜSEを辞めてフリーランスエンジニアになったのか

 

 

SIerは枯れたテクノロジーを好むのが嫌になった

B2Bでコスパが大事な業界なので、枯れた技術で解決できることは枯れた技術をなるべく使いまわす(コピペする)ことで高い生産性を実現できます。そんな環境にいるとやっぱり飽きてくるので、新しい技術を取り込みたい気になるのですが、周囲の説得からテストも膨大だしすごいコストだからよっぽどじゃない限りやめようってなりました。

 

エンジニアの仕事は問題解決することだと思ってますが、解決する手段について自然に知見が広がっていかない仕組みに辛みが出てきたので、まずはSIからWebへ飛び出そうと考えました。

 

Webで正社員は給与が安い

Webの歴史は浅く、収益基盤も脆弱なためWebの正社員ポジシションの給与はSIに比べると安くなりがちで辛い。色々やれそうなWebに飛び出してみたものの給与下がるのはちょっとねぇー、とそんな時に渡りに船だったのがフリーランスエンジニアです。

 

フリーランスエンジニアはWebで収入が多い

フリーランスエンジニアは会社に所属しないってだけで年収800万以上の収入が軽く目指せて、移り変わりの激しいWeb業界で重要が多いというメリットがあります。たしかに会社ほどの手厚い保証はないのですが、フリーランスエンジニア3年やっていて不自由に感じたことは特に無いです。

 

若ければ保証はいらない

CMで案外高い20代リスクとか言ってますが、働けなくなるような怪我や病気になるリスクよりも会社にスキルや成長がロックインされるリスクの方が高くて被害は甚大です。若い時は保証よりも成長の方が大事

 

就業不能リスクは35歳までだと0.3%以下なので極めて低いので、何のリスクを会社にヘッジしてもらっているかは少し考え直したほうが良いかもしれません。

職業別加入率1位「医師」、2位「IT系」の保険が“暗示”すること | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

 

フリーランスなら生活費を稼ぎながらプロダクト開発ができる

客先常駐を3日や4日にしても月50万円ほどの売上になり、生活していく分には十分な収入になります。安定した生活+余った時間をプロダクト開発に投入することで起業するというような働き方が可能ですし、時間を色んなことに使えるようになることが最大のメリットですね!

 

フリーランスエンジニア3年目になりますが、いまではモダンなフロントエンド開発ができるフルスタックエンジニアになり、即戦力として色んな現場で活躍できるようになりました。年収1000万以上で好きにプロダクト開発が出来る環境なので、あの時思い切ってフリーランスとして独立することを選んでよかったと思います。

 

フリーランスエンジニアはこんな人におすすめ

会社員エンジニアと比較したフリーランスエンジニアのメリット・デメリット

 

フリーランスエンジニアになろうと思ったら

現役フリーランスエンジニアが教える!システムエンジニアの独立方法まとめ

 

副業エンジニアから始めようって人は

会社員SEでも週末副業で10万円以上稼げる方法とは?

搾取されているプログラマーは早く東京でシステムエンジニアになるか独立しないと死ぬ

大阪で客先常駐のエンジニアをやっている者がおり、その年収や労働環境が悲惨だったので東京での働き方に変わるキッカケになれば良いなーと思っています。

 

 

搾取されているプログラマーに未来はない!

心苦しいですが、下請けや孫請けで人身売買されているプログラマーやシステムエンジニアに未来がないことをお伝えしなければいけませんね。そもそもプログラミングは多少の知能があれば可能なので、参入障壁は極めて低いスキルで、基本的にグローバルなのでベトナム人のエンジニアとも価格競争になるということを肝に命じなければいけません。

 

そんな価格競争の中で高収入を得られるフリーランスエンジニアや大手ベンチャーのエンジニアはどんなバリューを提供しているかといいますと、保守しやすいコードや設計、ユーザーが求めている機能の設計や高トラフィックに耐えるアーキテクチャなどは「当然」として、ユーザーが何を求めているか仮説を立てて実際に検証する実行力=事業をドライブさせていくビジネスマンとしての能力や専門的で高度なスキルに高い金額が支払われているのです。

 

こういう特殊なスキルやエンジニア+ビジネスの経験は、プログラマーでいる限り手に入らないものなので価格競争に巻き込まれて未来が明るくないというロジックです。

 

※ごくまれにプログラマーが考えないといけないくらい、人出が足りてないとかいう恵まれた環境もあるので一概にはいえません。

 

下請けではスキルアップが難しい3つの理由

下請けプログラマーは考えなくても良い

大手ITゼネコンの文系私立大学卒のゆるふわ系女子がJavaの教科書を読んだ程度で、基本設計と詳細設計というゴミを上げてきて、それを実装させられる苦行を行うっていうだけでも即刻辞めたほうがいいと思う。それだけでなく下請けは決済権なんて持ち合わせていないので、間違っていることも実装させられるし、何も考えずに手を動かすことだけが求められます。そんな働き方をした日本人に需要なんて存在しない・・・。

 

一部受託開発のスペシャリスト的なランクアップの仕方はあるが、結局クライアントに恵まれてチームメンバーにも恵まれなければ収入も上がらないし労働環境は厳しいのかなと。

 

下請けプログラマーは給与が低いので自己投資できない

手取り20万程では家賃と生活費を払うと可処分所得は限りなく厳しい状況になる。東京には初任給が600万円のエンジニアの仕事もあり、その手取りは36万円程になるので自由に技術書を買ったりお金で解決できる大部分を解決できるようになります。

 

純粋なプログラミングという作業は日本から無くなる

どこでもできるプログラミングをわざわざ日本でやるメリットは密にコミュニケーションを取りながらやっていけることくらいしかないので、純粋なプログラミングを言われたとおりにやる作業はグローバリゼーションの流れでどんどん日本からなくなっていくと思います。逆に言えば密にコミュニケーションが必要な領域は、技術力とコミュニケーション力の高いチームに需要が集中するのではないかとも考えられます。

 

年収500万以下のプログラマーは危機感を持つべき

f:id:kitahashi-ryoichi:20170801070150p:plain

エンジニアの日本での給与 | Indeed.com

大手のIT企業が優秀なエンジニアを大量に確保しようと動いており、その年収レンジは600万〜1000万円です。つまり年収500万円以下はこの年収レンジの要件を満たしていない可能性があるので、自分のスキルセットを単に安売りしているだけなのか足りてないのかは棚卸しして見極める必要があるのではないでしょうか?

 

東京でもスタートアップのエンジニアだと年収400〜500万で安売りしている人がおり、組織の成長と共に自己成長を狙ったり単にビジョンに共感してるから給料が安くても働くという人がいます。が、この人達は自己投資して成長しないと組織が死ぬという肌感があるので貪欲にスキルアップしますし対象ではありません。

 

日本のITは東京に集中しているから早く東京で働くべし

indeedで年収500万円以上の正社員エンジニアのポジションを検索すると、全体で30866件あります。その中で大阪府は1204件で、京都府は299件です。一方で東京の渋谷区だけで1768件も引っかかるので、いかに東京にエンジニア需要があるかが分かります。

 

システムエンジニアの需要が大きく給与が良いとシステムエンジニアがより集まるようになり、より切磋琢磨する環境(勉強会でのLTする機会や凄腕エンジニアの絶対数)が整うのでさらにスキルアップにも繋がっていきます。

 

隣で働いているフロントエンドエンジニアが超有名なエンジニアだったり、本を出版してる人だったり、Rubyのコミッターだったりします。そんな環境で10年働くのと地方でプログラマーとして働くのでは大きな差になることは明らかではないでしょうか?

 

はやく東京に来て働くべし!

 

フリーランスとしてデビューするのもオススメ

現役フリーランスエンジニアが教える!システムエンジニアの独立方法まとめ

会社員エンジニアと比較したフリーランスエンジニアのメリット・デメリット

東京で働くエンジニアの賃貸住宅と通勤時間について改めて考えてみる

地方から東京に就職したから出てくるITエンジニアは多いと思います。僕も地方から上京してきた 一人で、なんとなく会社の近くに住んだり、遠くに住んだりしてきました。遠くに住んでてもバリューを出している人、近くに住んでいるからバリューを出している人など改めて「どこに住むか」を考えてみたいと思います。

 

 

東京で働く・・・どこに住むべきか?

どこに住むかを決めるためのイメージ

 

近くて・オシャレな所がいい

 

というゆるふわな考えを打ち砕いて、生涯年収が最大化されるかどうかだけを考えて、どこに住むべきなのかを考えていきましょう。

 

生涯年収を考える4つのモデル

  1. 一生労働者として働くワーカースタイル
  2. 労働者でありながら副収入を模索するスタイル
  3. 労働者から事業者にスイッチするスタイル
  4. 最初から事業者のスタイル

 

だいたいの人は1,2の軸足は労働者として会社から給与をもらうのを最大化させるモデルです。3,4は事業者としての収入を最大化させるモデルになります。それでは1つずつ見ていきましょう。

 

労働者として会社からの給与を最大化するには?

労働者モデルはこの方程式で大枠説明ができます。

給与=時給×時間

 

シンプルに給与を最大化するために働く時間を最大化すれば良いので、通勤時間を最小にすることが1つの大きな戦略になります。

 

つまり、とにかく会社の横に住め!が労働者にとって有効な戦略です。

 

時間だけでなく時給を上げるのも給与を最大化できる可能性があるので、スキルを高めたり時給が高い業界・業種の仕事に付くことが大切です。スキルには時間とお金が必要なので、可処分時間を増やすことと可処分所得の両方を増やすことでスキルを高めることができます。

 

つまり、通勤時間を可処分時間と捉えてスキルアップに投資するか、通勤時間を限りなく0分にして可処分時間を増やす戦略がワークするということになります。ただし、電車通勤の場合は可処分時間の利用使途(本をよむ・ブログを書く・音楽を聞く)がかなり限定的になるため、やっぱり会社の横に住むという住宅戦略がワークするわけです。

 

事業者として収入を最大化するには?

事業者のモデルはこの方程式でだいたいの説明がつきます

収入=売上ー経費

 

収入を最大化するためには、当たり前ですが売上を上げる必要があります。

さらに売上をドリルダウンするとこうなります

売上=顧客単価×顧客数

 

さて、顧客単価を高めて顧客数を伸ばすためにどこに住めばいいのかというと・・・事業によって変わるのでなんとも言えません(笑)顧客単価を伸ばすために何をすればいいのかを考えるのは別に通勤時間中でも、昼ごはんを食べている間でも、お風呂に入っている時にでも考えられます。

 

 

1つ言えることは「考える時間」を最大化することで、収益の最大化に影響がありそうだということです。可処分所得を増やすという意味では仕事場の近くに住むという戦略は部分的にワークするのではないでしょうか。逆に、電車通勤でも「考える時間」は取れるので、遠くに住んでも戦略はワークするので今ある状態をどうやって活かせるかということを考えたほうが良いかもしれません。

 

収入の最大化=可処分時間の最大化

 

でも会社の近くは賃料が高い問題

賃料が高くて払えないという問題をすっ飛ばしてきたが、やっぱり都心のオフィスビル周辺って賃料が高いんですよねー。無理無理借りれないですよーって人に教えたい複利効果についてです。

 

そもそも複利効果とは?

100万円の元手を年間5%の利回りで運用すると40年後には603%の利回りになって703万円にもなるっていう、雪だるま式に増えていくことを複利効果と一般的に言います。

 

これを自己投資という自分のスキルや能力にたとえてみると、20代に会計士の資格を取って30代・40代と仕事をした場合は会計士の資格勉強という元手の複利効果で30代・40代の収入に繋がっているといえます。もし、会計士の資格をとらずに普通のサラリーマンとして経理を20年やっていれば、20年の複利効果になるわけです。

 

言いたいことは、人生の前半部分で自己投資を行って可処分時間を増やしたり、スキルアップをすると、かけたコストよりも大きなリターンが複利効果によってもたらされるので無理してでも会社の横に住むという戦略は重要だということです。

 

結局どこに住めばいいのか?

さっきから会社の近くに住め住めいってますが、結局どこに住むべきかというと「会社の横」です。これで満員電車に揺られて疲れることもなければ、終電を逃してタクシーで帰らないといけないこともありません。すばらしいですね!

文系Webエンジニアが教える!未経験でエンジニアになるために必要な覚悟とは?

未経験でもWebエンジニアになれる!

Webエンジニア不足が深刻で未経験でもエンジニアになる人が出てきました。

僕自身もある意味で、文系大卒でWebエンジニアやってるので未経験だったんだなぁと感慨深く思うと共に、未経験から最前線のWebエンジニアになる方法論と考え方についてこれから共有していこうと思います。

 

Webエンジニアになるメリット

高収入(年収1000万以上可)の技術職

自分のフリーランスエンジニアのスキルと年収を公開してみた - フリーランスのエンジニア道

 

Webエンジニアに最低限必要なスキルと学習コスト

そもそもWebエンジニアの最低限のスキルセットが分かると勉強コストも最小にできるので、未経験(?)でもすぐに戦力になることができますよね。

 

Webエンジニアの最低限のスキルセットとは?

  1.  ググったら処理が書ける
  2. コピペでもいいからやりたいことが実現できる
  3. データベースについて多少わかる

実際TECH::CAMPなんかのプログラミング教育で3ヶ月後のスキルセットはこの程度のスキルしかないんですが、どや顔でWebエンジニアを名乗っているので最低限とはこの程度だと思います。

 

この最低限がどの程度のレベルかというと、有名なWebベンチャー企業におけるインターン生以下の能力しかありませんが、選ばなければ働き口はあります。

 

この最低限の学習コストは詰め込めば1ヶ月

ゆっくり学校で学べば3ヶ月くらいでしょう

 

はじめはとにかく模倣して学ぶ

未経験からWebエンジニアになるには膨大なシステム基礎をわからないまま、いきなり実装しているわけなのでパクってパクってパクリまくりながら学んでいきましょう。パクってなんでこう書いてるのか?とかちょっとずつ分かることを増やしていき、アウトプットしながら学び、技術書やググる時に少し深掘りして基礎を走りながら学ぶのがポイントです。

 

今学んだ専門性が1年後にゴミと化すことも多々あるので、走りながら学ぶという基本姿勢をはじめのうちに身に着けておくのが良いかもしれません。

 

Webエンジニアへの適性とは?

ネトゲ廃人だった人はWebエンジニア適性が高い?

自分の周りのWebエンジニアのネトゲ廃人だった率は高く、何か一つのことに没頭してハマるタイプの人はWebエンジニア適性が高いかもしれません。あとは攻殻機動隊好きも多いですね。

 

性格診断でも適性が分かるかも?

心理学でパーソナリティの主要5因子をテストするWebサービスで、モデルは簡素化されているものの、アカデミックに理論は構築されているので信憑性は高いです。やってみればきっと「ぞっ」とするくらい当たっているのではないでしょうか?

https://www.16personalities.com/ja

 

INTP/INTJ/ENTPが合理主義者でWebエンジニアの適性が高いです。

 

Webエンジニアになる覚悟とは?

ぬるっと6年もWebエンジニアをやってきましたが、振り返ってみると他の職種とは違ってゆるい所もあれば、覚悟がいることもありました。

 

一生学び続ける覚悟があるか!?

Webエンジニアの場合はこれがすべてだと思います。とにかく一生学び続ける職種です。公務員の事務処理が年度で多少処理が変わる次元の学びではなく、Railsでテンプレートエンジンを使って画面を描画してた世界観から、FacebookのようなSPA(シングルページアプリケーション)で描画する世界観に突如変化したりします。

 

変化するかと思えば基礎の基礎であるTCP/IPだけの本でこの分厚さがあります。

これくらいのインプット量が苦に思わない覚悟は必要なのかなと・・・。

f:id:kitahashi-ryoichi:20170728093008j:plain

 

未経験でWebエンジニアになる最短経路とは?

プログラミングスクールに投資する

まずは学校に行きながら自分でWebアプリを作ってみることが最短経路ですね。とにかく手を動かしていっぱい失敗したりハマったりしながら学び方も学んでいくスタイルがおすすめです。

 

例えばこういう「はじめてのプログラミングコース」を自分でやってみるとか、企業向けで助成金が出るやつだと「 オンラインプログラミング研修のCodeCamp」がおすすめですね。強制的にやる気を出したい人は「TECH::CAMP」という塾形式のプログラミングスクールがあります。ちょっと高いですけどねー。

 

自分でWebアプリケーションを作ってみる

手を動かすのが最短経路なので作ってみた記事を作ってみるのもいいかもしれません。入門書片手に作ろうと思えば作れちゃいますからねー。

【決定版】初心者がwebサービス・アプリを作ってみた!50選 | プロスタ

 

まとめ

このように未経験でも一生学び続ける覚悟さえあればWebエンジニアになれます。最近ではプログラミングスクールも充実してきているハードルはどんどん下がってきていますし、興味があればスクールから入ってみるのも良いと思います。

 

Webエンジニアになって自由とお金を手に入れよう! 

【2017年】目黒駅周辺のコワーキングスペースまとめ【目黒・中目黒・五反田】

目黒駅周辺のコワーキングスペースまとめ

 

目黒駅周辺

COMPASS HABITAT

f:id:kitahashi-ryoichi:20150412190026j:plain

目黒駅から徒歩1分の好立地にあり、シェアオフィスを展開しているCOMPASSのコワーキングスペースです。施設内にジムも付いており、バリリゾート風の内装になっています。

料金:月額25,000円 / 8:00 - 20:00

URL:http://www.compasshabitat.com/ja/

 

Impact HUB Tokyo

f:id:kitahashi-ryoichi:20140425124949j:plain

コワーキングスペースなんだけど月額課金というスタイルではなく、起業家プログラムとかスペースレンタルをやっています。起業準備で場所を探している人向けかな。

料金:?

URL:http://hubtokyo.com/

 

中目黒駅周辺

コワーキングスペース「Knot」

f:id:kitahashi-ryoichi:20170725161037j:plain

コワーキングスペース「knot」は、中目黒駅から徒歩10分、目黒川沿いの緑あふれる落ち着いた場所にあります。桜を楽しめるテラスやみんなのキッチン、コーヒーを飲みながらくつろげるラウンジスペースなど、コンパクトながらも色々と楽しく、心地よく働ける場を用意しています。

料金:シェアオフィス 月額115,000円 / 24H

   フリー席    月額10,000円 / 9:00 - 22:00

URL:http://coto-inc.net/knot/

 

五反田駅周辺 

コワーキングスペース「CONTENTZ」

f:id:kitahashi-ryoichi:20161028144837j:plain

五反田駅から徒歩3分のコワーキングスペース

「CONTENTZ」は、コンテンツ メーカーの有限会社ノオトが運営するコワーキングスペースです。ライターや編集者、カメラマン、デザイナー、イラストレーターなど、メディア業界で働くクリエイターが協業できるコミュニティに、ネットニュースメディア「品川経済新聞」の情報発信を核とした地域活動の場に、東京進出を目指す地方企業の拠点に、家と職場をつなぐサードプレイスに――。

料金:月額9,900円

   ビジター550円/1時間, 2200円/1日

URL:https://contentz.jp/

 

コワーキングスペース「Pao」

f:id:kitahashi-ryoichi:20170725161237g:plain

  • 自宅以外に働く拠点をつくりたい!セカンドビジネスの拠点として!
  • 打合せをする場所をお探しの方、2人で作業したい方
  • 資格取得など、集中して勉強できる自習室として!
  • 起業の準備に、登記や住所利用をお考えの方!
  • セミナー、勉強会、趣味の活動や講座を開く場所をお探しの方
  • 営業時間:平日9時~22時、土日祝10時~18時

料金:月額10,000円〜

   ビジタードロップイン1日1時間無料、350円/時間

URL:http://pa-o.jp/

 

オフィスサークルN五反田コワーキングスペース

f:id:kitahashi-ryoichi:20170725155151j:plain

レンタルオフィスやバーチャルオフィス、貸会議室などもやっているみたいです。

料金:月額20,000円〜 / 24H

URL:http://office-circle-n.com/service/coworking-space/

 

コワーキングスペース「Fundoor」

f:id:kitahashi-ryoichi:20170725155558j:plain

五反田駅徒歩0分と謳っていますが多少は歩きます。

Fundoorでは、お約束まで空き時間が出来た方がふらりとカフェ感覚で立ち寄れるドロップイン、夜間23時まで利用可能な月額会員、夜間と休日のみ利用可能な格安コース等、ニーズにあわせたコースと料金プランを取り揃えています。

料金:月額15,000円(1年間9800円で契約可)

   ドロップイン300円/時間

URL:http://fun-door.com/

 

まとめ

意外と目黒駅周辺にはコワーキングスペースがなくて、カフェがかなり充実しています。最近できたタリーズコーヒー目黒東口店なんかは広々としていて、テーブルに電源が完備されているのでよく利用させてもらっていますよ。

会社員SEでも週末副業で10万円以上稼げる方法とは?

ここ最近はエンジニア需要が大きくて、採用が追いつかず困っている企業がたくさんあります。そんな中で正社員をしながら週末や平日のスキマ時間を使って週10時間の稼働で10万円の報酬がもらえるサービスがローンチされました。

 

有名企業のエンジニアは専門性が高いことが多く、スタートアップでは週5の給与は払えないけど副業くらいの感じで入ってもらえるとレバレッジが効いてペイするのでうまくマッチングしているみたいです。

 

 

f:id:kitahashi-ryoichi:20170723121032j:plain

週10時間の稼働で月10万円のシューマツワーカーとは?

専門性の高いエンジニアが欲しい企業とちょっと暇な優秀なエンジニアをマッチングする副業サービスです。

 

たとえば、シューマツワーカーではTastyTableというスタートアップが時給2,500円〜月40時間稼働で募集していました。最近では7000万円ほど資金調達に成功し、これからエンジニアリソースを投入してプロダクト開発を進めていくフェーズです。

 

ただ、そのスピードでエンジニアを採用するのはかなり難しいといえます・・・。そんなホイホイエンジニア採用できれば苦労しないし、優秀なエンジニアはだいたい大手に取られてしまっているし、ポッと出のスタートアップに転職してくれるような変な人もなかなかいません。

 

≪Ruby on Rails≫自宅で本格レストランの味が楽しめる!食材の定期宅配サービスのRubyエンジニア募集! | shuuumatu-worker

 

そこで目を付けたのが、大手に取られてるエンジニアのスキマ時間をマッチングさせよう!というのがシューマツワーカーなどのエンジニア副業系サービスです。

shuuumatu-worker | シューマツワーカー

 

エンジニア副業の時給相場は?

だいたい2,500円〜4,500円なのでそれほど高い時給ではありませんが、平日の夜とか土曜日だけとかスキマ時間に働けてスキルアップにもなるのがメリットです。

 

8時間労働・営業日22日で計算すると以下のようになります

時給2500円=月収44万

時給3000円=月収52万8千

時給3500円=月収61万6千

時給4000円=月収70万4千

時給4500円=月収79万2千

 

正社員の感覚だと時給3000円〜3500円ほどで、フリーランスエンジニアの場合だと時給4500円くらいが相場ですね。そこから考えるとフリーランスエンジニアよりかは少し時給が低めの設定になっており、受け入れ企業としてもお願いしやすい値ごろ感があります。

 

ほかのエンジニアができる週末副業方法

週2リモートで副業ワーク

シューマツワーカーとよく似ているサービスで、副業とフリーランスエンジニアの両方の案件を取り扱っています。リモートで出来る案件が多いのが最大のポイント。

 

プログラミングを教える先生

時給1200円〜2000円ほどで時給はちょっと低め

 

クラウドソーシングでアプリ開発

iOS、Androidアプリ開発は単価が高く受託開発向けなので大きく稼ぐことも可能です。ちょっと週末副業というよりガチ感があるので副業には辛いかもしれません。

 

 

報酬はないけれど成長企業でスキルアップができるサービス

お金はいらん!っていう高尚な人や非エンジニアにはおすすめです。

 

エンジニアの副業は確定申告しないといけない?

基本的に副業をやっていれば確定申告しないといけません。月10万円ほどの収入があれば年間で120万円になるので税金も馬鹿になりませんよね?

 

どうせ確定申告しないといけないのであれば、個人事業主として開業届も出し、青色申告の65万円控除を受けるのが最も節税効果が高くて手元に残るお金が多くなると思います。

 

え?青色申告とか帳簿の記帳が面倒くさいって?

 

確定申告はfreeeの年9800円のスタータープランで十分!副業用の銀行口座とクレジットカードを連携しておけば自動で青色申告用の帳簿を作ってくれて、かんたんに確定申告の書類が作れます。友人の会社員エンジニアにこのパターンは超絶おすすめしてます。

 

週末だけじゃなくて本気で稼ぐなら?

ITエンジニアとして本気で稼ごうと思うならフリーランスエンジニアという選択肢もありですね。フリーランスエンジニア2年目のリアルな収入について公開していますので、参考になればと幸いです。

フリーランスエンジニア2年目の収益と税金について本当の所を大公開

レバテックフリーランスの仲介手数料は10%〜20%?

フリーランスのITエンジニアになるとまず利用するのが案件を紹介してくれるエージェントです。エージェントのビジネスモデルと仲介手数料はどのようになっているのでしょうか?

 

 

レバテックフリーランスのビジネスモデルとは

レバテックフリーランスはいわゆるシステムエンジニアリングサービス契約といって、常駐先企業のエンジニア需要をスポットで調達してくれるビジネスモデルになっています。業界の慣習的な二重・三重の中抜きがない分フリーランスエンジニアに入ってくる金額が多くなるのが利用するメリットです。

 

下請け・孫請けとレバテックフリーランスの商流の違い

f:id:kitahashi-ryoichi:20170722195742p:plain

SIerのITゼネコン的な商流だと、こんな形で80万円の仕事が50万円にまで目減りします。間に挟まっている企業はほとんどなにもしないにも関わらずマージンはしっかりと取るためです。中抜きがひどければ50万円が30万円になったり、かわいそうな人もいますね。

f:id:kitahashi-ryoichi:20170722075126p:plain

一方でレバテックフリーランスではエンド直請け案件99.7%と公表されているように、中抜きがレバテックフリーランス単独であるという違いがあります。だから会社に所属して客先常駐しているシステムエンジニアよりも高収入が期待できるわけなんです。

レバテックフリーランスとは | ITフリーエンジニアのための【レバテックフリーランス】

 

レバテックフリーランスの仲介手数料は10%〜20%

レバテックフリーランスでは常駐先企業に請求する額が80万円だとすると、レバテックフリーランスが手数料として取るマージンは約10%〜20%です。これは常駐先の会社が支払っている金額と自分がレバテックに請求している金額の差分がこの範囲内に収まっているので、おそらくこれくらいの仲介マージンだと考えられます。

 

年間の仲介手数料は妥当か・・・?

登録しているエンジニアの平均年収は801万円らしいので、最低でも年間80万円を手数料として支払うことになります。これが高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれだとは思いますが、相対的には安い仕組みにはなっています。

 

営業だけなら自分で行えるかもしれません

 

しかし、案件獲得が遅れて暇になるくらいだったら常時100件以上の案件とマッチングしてもらえる「早さ」は大きなメリットになります。また、あまり直接にはやり取りし辛い単価交渉も仲介を挟んでおくことで気兼ねなく行えるメリットがあります。

 

総合的に見ればエージェントにも登録しておくと良いと思います。

 

特定のエージェントだけでなく複数のエージェントに登録しよう

レバテックフリーランスは大手ですが、すべての常駐案件が登録されているわけではありません。レバテックの営業マンが案件を開拓しているように、ギークスや他の仲介事業者にはそれぞれの営業マンが案件開拓しています。

 

また、サービスによって客先常駐案件だったり、リモートワークに特化していたり、週2から働ける案件に特化していたりします。なので、複数のエージェントに登録してアンテナを広く張っておくのがフリーランスITエンジニアとして稼ぐための第一歩となります。

 

レバテックフリーランスは週5客先常駐案件に強く、高単価の案件が多数あるのが強みです。同じような大手でギークスジョブがあるので、この2つは登録しておくと間違いはありません。リモートワークが良ければコデアル、週2〜で働きたい場合はITプロパートナーズがおすすめです。